にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
新着記事
  • 量子コンピュータ―次世代の全く新しいコンピュータ (12/12)
  • 軽量タブブラウザK-Meleon更新【News】 (02/07)
  • COBY KYROS MID7022 レビュー & アプリ紹介 (08/26)
  • 更新再開のお知らせ (08/08)
  • 簡単画像縮小ソフト(色々な形式のファイルからJPEGへ) (08/08)
  • 2009年08月22日

    手軽で安全なファイル暗号化ソフト

    私が数年前から時々使っている暗号化ソフトがある。「アタッシェケース」というソフトだ。
    「アタッシュケース」か「アタッシェケース」かという話は今のところ抜きにするとして、
    アタッシェケースは公開後数年たった今でも暗号が破られていないという、
    ある程度信頼できる暗号化ソフトだ。



    アタッシェケース
    いまだに破られていないと言われる暗号化ソフト アタッシェケース


    ■ アタッシェケースの特徴


    やはり一番は手軽さだろう。直感的に操作できる。
    暗号化したいファイルをドラッグ&ドロップして
    パスワードを入力するだけで、暗号ファイルが生成される。

    そして、フリーソフトとしては十分な高信頼性も特徴的だ。




    ■ 高い信頼性


    作者サイトによると、
    アタッシェケースでは「2000年10月にアメリカ政府標準技術局(NIST) によって、
    次世代暗号化標準 AES(Advanced Encryption Standard)として選定された
    “Rijndael(ラインダール)”」というアルゴリズムを採用していて、
    「2009年現在、解読に成功したという情報はありません。」とのこと。
    もちろんこのアタッシェケースも、パスワード総当たりの危険は免れないが。




    ■ 使用上の注意点 - パスワードは絶対忘れないこと


    「高信頼性」ということは裏を返せば「パスワードを忘れてしまったら復元が不可能」ということだ。
    パスワードの総当たりという方法はあるが、不可能に近い。
    この点について、アタッシェケースのヘルプから引用する。

    しばしばメールをいただきますが、作者でも解読不可能です。パスワード文字列は、鍵として暗号化ファイルにそのまま含めているわけではありません。暗号化する際のシャッフルの「素」として使っています。イメージとしては料理に入れる「調味料」と同じで、完全に溶けて素材と混ざり合っている状態です。

    ということで、くれぐれも入力したパスワードはお忘れなく。




    アタッシェケースは、個人で使うには十分な性能を持った暗号化ソフトだ。
    重要書類や見られたくないファイルをちょっと隠しておく時などに便利だろう。

    アタッシェケースを入手≫

    posted by よしのり at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル暗号化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/126248751
    ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック
     
    ブログパーツ
    最近の記事
    Categories
    Notice
    フリーソフトの使用は自己責任でお願いします!(^^)
    Powered by SEO Stats
    にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
    パソコン・ソフトウェアランキング
    Links
    フリーソフトウェアから・・・
    大器晩成のはてしない物語〜学生編〜
    PC TOOL BOX
    OZUのパソコン活用術
    リンク集
    Author's Profile
    Counter
    おかげさまで

    Page View
    Since Jun. 21, 2009
    RSSで更新状況をチェック
    プライバシーポリシー
    こちらをご覧ください。
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。